倶知安ミニバス少年団物語

北海道 倶知安ミニバスケットボール少年団 女子コーチKatzのブログ 総勢12名 目標は全道大会出場!

倶知安ミニバス少年団 水・金 18:00~19:30 倶知安じゃがーズ 水・金 19:30~21:00 女子コーチKatzのブログ

逆境

超久しぶりの更新です。こんにちわ 管理人のKatzです。

倶知安ミニバス少年団は今シーズンも遠征で経験を積んでいます。

昨年は女子は6年生が1名しかいない状況、男子は6年生が0名で

どこへ行っても100対〇・・・みたいな感じだったのですが

今年は接戦を経験することができています。

振り返ると 無駄ということは一切なくて

いろいろな意見を頂くこともありますが

それは「成長」のプロセスには重要なことだと強く思います。

バスケットボールをプレイする あるいは コーチをするという中で

どちらかというと試練の方が多いかなと感じています。

それを乗り越えた先の歓び その瞬間というのは

プレイヤー コーチ 保護者 レフリー 観客 全ての人の脳にドーパミンやアドレナリンを大量放出するような

麻薬のような歓びがあるのだと思います。

それを味わいたいからこそ 次へまたチャレンジして 成長していくのでしょう。


UCLAの名称 ジョン ウドンの言葉です。

「逆境は人を強くするしかできない」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

UCLAバスケットボール
価格:4104円(税込、送料別) (2017/5/21時点)


これは 試練や挫折に出会ったときは

喜んでそれを受け入れて前に進むべきだという私達の心に大きく響く言葉です。


まだこれからいろいろなことがあることでしょう。

しかし それを楽しめるようになれるほど 私達は強くなってきていると感じています。

卒団生

昨日は卒団式 そして

今日は6年生最後の 倶知安大会でした。

1試合目 見事な成長を感じています。これまでにないハイスコアを記録して勝利

2試合目 3Qまで4~8点ビハインドで経過していました。4Q終盤にかけて追い上げ、見事な逆転勝利 最後は一点差 逃げ切る能力もあることがわかりました。

今年卒団のDream(仮名)さんは1年しか一緒にプレイできませんでしたが

目を見張る成長っぷりと、やはりお姉さんらしさがチームに良い影響を与えてくれました。

本当にありがとう。中学へ行ってもバスケを続けるみたいなので、ココロから応援しています。


今日は一つ

壁を越えたのを実感できた日でした。


うまさとかではなく 内外共に強くなった そう感じています。


口すっぱいほど、この子達なら必ず成し遂げてくれると言ってきました。

それはこれから先も変わりません。

信じて進むのみです。

子供の4つの特性

ども 久々の更新です。

地区新人戦が終わってから

小樽地区では男女に別れて地区選抜チームが結成されて

各チーム遠距離ながら保護者の協力もあってこれまで練習が盛んに行われてきました。

今日は久しぶりに(私用でなかなかいけなかった)倶知安ミニバス少年団単体で練習をしたのですが

選手の成長がハッキリとわかったのはとても喜ばしいことでした。

何よりも選手自身が キラキラとしていて 新しいスポンジのように吸収するチカラにはただただ驚かされます。

ある広告で

子供達が持つ4つの特性についてのお話がありました。

全ての子供達は 天からこの4つが与えられていると考えるそうです。この4つの特性の考えは、コーチをしていて、しっくりとくるものがありました。

1.競争心を持っている。
純粋に 1番になりたいという気持ちがあるハズです。これを無視して大人が「勝つ気がないとか、闘争心がない」と表現することはあまり好ましくないかもしれません。競技の中ではプレッシャーはあるでしょうが、純粋に 勝ちたい という気持ちは必ずあるということは認識せねばなりません。そこに大人のエゴをぶつけるのは正しいことではないと思いました。

2.モノマネをする。

真似をするというのは、大人自身が正しい手本を見せればそれも真似ることでもあります。
コーチそのものが自ら見せねばならないと思います。また素晴らしい選手の真似をすることも〇
日常からモノマネを楽しんで成長していければなお良し

3.挑戦をしたい。
コーチをして1年半になりましたが、選手にとっては「ちょと難しいもの」のほうがイキイキとする印象があります。
できそうなんだけど、できなくて、ちょっと頑張ったらできた くらいのほうがグンと伸びる印象があります。

4.認められたい。

これは大人にもありますが、人間誰しも「認められたい」ものであると思います。
精神医学的にはマズローの「欲求5段階説」というものがあります。
アメリカの心理学者 マズローが唱えた 人間が生きるための欲求は5つの階層に分けられると

第1階層:生理的欲求
生きるための欲求です。睡眠や食欲、性欲などはここに当たります。

第2階層:安全欲求
雨をしのぐ という考えから 快適な住まいを作ることの意味はここに当たると思います。

第3階層:社会的欲求(帰属欲求)
集団に属していたい 社会の中で生きたいという欲求 

第4階層:尊厳欲求(承認欲求)
他者に認められたい という欲求
ポイントは外的なものではなく 自身の内的なものの欲求だということです。

第5階層:自己実現欲求
自分の創造性を発揮し、活動をしたい など

ある説によれば この一つ上をいく階層もあるようです。

自己超越
見返りもエゴもなく、目的だけに驀進するレベル
まさに使命を果たす そんな生き方のレベル

私自身はコーチとしてまだまだ未熟で、本当にこの選手達を目標に到達させることができるかどうかはわかりまません。

目標は変わりませんが

最終的には

バスケットボールを通じて 自己実現できるような 自立と 挑戦と 成長し続ける社会人になっていって欲しいなと願っています。


小樽地区新人大会

今日は小樽地区の新人大会でした。

結果はまた負けだったのですが

練習してきたことが活きる場面もあり、点数こそ離れているものの

すごく悪い という印象ではありませんでした。

何度もココロがへし折られますが

他の人達に何を言われようと前進あるのみです。

成功するまで 工夫しながら道を探していくのみですね。

さて

小樽地区では3月末の北海道ミニバス新人大会への選抜チームが発足しました。

さっそく明日から活動開始です。

各チームから選抜された選手

いずれも 地区の代表として 悔しくも選抜されずに涙を流した選手の分まで

駆け抜けて欲しいと思います。

一緒に頑張りましょう!

全道ミニバス大会 決勝

昨日 北海道ミニバス全道大会の決勝が行われました。

チームの練習の後、自宅でPCを開き

おお インターネット配信で見れるんだということに気づき

さっそくライブ動画を観戦


いやいや すごい試合でしたね!

残り7秒からの逆転劇

ほんとに劇的でした

しびれました~


映像からも会場の興奮が伝わってきました。

それにしても南幌さん 西岡北さん 両方ともすごすぎでした。

南幌さん 全国大会頑張ってください!

女子は見ることができなかったのですが

札幌和光さん 新琴似北さんは全国大会 頑張ってください!


小樽地区コーチ陣も

「いつかは小樽地区からも」という気持ちです。

うん

一つずつ 頑張って夢を実現したいですね!



ショーディフェンス

見せかけ のディフェンスのこと

見せかけといっても 実際にはヘルプ的要素があり

スクリーンプレイに対して

スイッチをしたりした後に

自身の味方が 元々のマークマンに戻るまでの間に行うことが多い

スイッチアップ

スクリーンプレイの際に

スイッチをして 直後に隙間なく相手のドライブコースをふさぐこと




スイッチ

マークマンをかえること

スクリーンプレイで頻繁に生じるが

簡単にスイッチすると身長が大きい選手に、身長が小さい選手がマークすることになる などミスマッチが生じる

スライドスルー

自身がディフェンスの際に

スクリーンをかけられたときに

スクリナーを交わし、後方へ回り込み

味方とスクリナーの間を通過して 自分のマークマンを守る方法

ファイトオーバー

自身がディフェンスの際に

スクリーンをかけられたとき

スクリーンをかわし、前方に入り込み 自分のマークマンを守り続けること

足取りの位置が大事


Ads by Google
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

GOODS!
著者プロフィール
  • ライブドアブログ