自身がディフェンスの際に

スクリーンをかけられたとき

スクリーンをかわし、前方に入り込み 自分のマークマンを守り続けること

足取りの位置が大事